<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

CALENDAR GIRLS

c0061033_2324772.jpg














「カレンダー・ガールズ」

イギリスのヨークシャー地方に住む50代の女性達が

自分たちのヌード写真でカレンダーを作るという

実話をもとに作られた映画。

ドキュメンタリーでちらっと見たことがあったので話はかすかに知っていました。

でも映画の存在は知らなかったので、これは借りるしかない!と。

ひとことで言えば、家族愛と友情を描くハートウォーミングな映画。

退屈な日常にドロップキックを食らわす女性達の行動とユーモアが痛快で

気持ちよかったです。

「中年女性のヌード」のインパクトはかなり強いのですが

写真撮影のシーンは芸術性が高く、抵抗なく見れました。



イギリス独特の厳格な慣習が残る田舎町から生まれた物語である

ということが面白さのひとつだと思います。

実際にカレンダーが作られたのは1999年だそうですが、

当時はかなりの衝撃だったのではないでしょうか。

でも不思議なことにおばさんたちのヌードは馬鹿売れしたのです。

しきたりやら慣習やらを重んじる社会だからこそ、

発想の斬新さが逆にウケたのかもしれません。

芸術性がかなり高かったことも多くの人を惹きつけたのでしょう。



映画に関しては、カレンダー完成までが描かれる前半は良かったのですが、

PRのためにハリウッドへ行く後半は個人的にはなくてもいいかなと思いました。

ギクシャクを乗り越えて深まる友情と家族愛を描くには必要だったのかもしれませんが。



それでも、見終わったあとには心地よい感動が残りました。

ヨークシャー地方の風景がとても綺麗だったのも印象的です。

肩肘張らずに見れる、いい映画だったと思います。
[PR]

by akio-511 | 2008-01-26 00:37 | 映画  

Earth


BBC製作のドキュメンタリー映画

「アース」を見ました。

レイトショーで。

眠気との戦いでした・・・

というのは半分ウソですが、半分ホント。

でもいい映画でしたよ。

さすがBBCです。

ディスカバリー・チャンネルをはじめ、実に質のいいものを作ります。

吹替版しかやっていなかったのが残念だけど、

渡辺謙のナレーションも悪くなかったです。



最初と最後に登場する白クマくんに

このままだと地球がヤバイよ

という製作者側のメッセージが強くこめられていた気がします。

白クマくんの使い方が少々強引な気がしましたが

「環境保護」の考え方を無理強いしてくるような作りではないため

見やすかったです。



北極から南極への旅を通じてカメラは地球上の生命の多様さを写します。

そこから、地球は私たち人間だけのものではないんだよ

という当たり前のことを再認識させられます。



カメラワークには本当に感動しました。

2年がかりで撮影したそうです。

ヒマラヤ越えをする渡り鳥とか

象とライオンの真夜中の格闘とか

チーターが獲物を捕らえる超スロー映像とか

前作に引き続き海の獣に食われるオットセイとか。

撮影者の腕とカメラの最先端技術に魅せらます。

食われるオットセイの映像はホントにド迫力で、眠気が吹き飛びました。

何に食われるかは見てのお楽しみです。



こういう映画を見たあとで

ジャパニーズ捕鯨船 vs 環境保護団体シー・シェパードのニュースを見ると

ハァ~

って感じです。

調査のために900頭もの鯨を捕獲すること

そして調査目的であるにも関わらず鯨肉が市場に出回ることについては

疑問を感じずにはいられませんが、

シー・シェパードの過激さも支持できないです。

何なんでしょう、人間たちのこの醜い姿は。

鯨さんたちもきっと笑っていることでしょう。

こういう人間の傲慢さが環境問題を引き起こしているのだと思います。

まずは私たち自身が変わらないとね。
[PR]

by akio-511 | 2008-01-14 23:59 | 映画  

Thank you for smoking


c0061033_23402617.jpg












「サンキュー・スモーキング」

健康ブームのアメリカで巧みな広報戦術によりタバコのPRに努めるビジネスマンのお話。

初めは「喫煙を擁護する映画か?」と思いましたが、違いました。

登場人物の喫煙シーンが皆無に近かったことを考えると、

製作側はおそらく禁煙派を強く意識しています。

では映画の主題は何か?

タバコと肺がんの因果関係ではなく、

話術です。

仕事ぶりを見る限り、主人公のニックは相当できるPRマンです。

業界がマイナスイメージなため彼の仕事はあまり歓迎されませんが

そういうのを抜きで考えると

自分にとって不利な状況でも喋りのテクニックでそれをひっくり返してしまうニックの能力は

あらゆる仕事のお手本になると思います。



節々にブラックなユーモアが出てきて、笑える映画でした。

ニックにアルコール業界と銃業界のPR担当を加えた

「死の商人」連中で飲むシーンが何回かあるのですが、

特にこの3人のやりとりがシニカルで好きです。



タバコについて考えてみると、

日本でも禁煙の風潮が高まっているので

私たちに身近な問題としてこの映画を見ることができます。

日本でもいつからかタバコのパッケージに

「喫煙は肺がんの発症率を高めます」

のような注意文が載るようになりました。

欧米はもっと過激です。

「Smoking Kills」ですから。

でもいくら過激な警告文を載せたところで、吸う人は吸うでしょう。

大々的に禁煙をPRすることの是非についてこの映画が示すひとつの答えは

「あとは本人の選択の自由。マックやコーラと一緒。」

ということ。

究極的にはすべてのことにあてはまるのではないでしょうか。



笑いだけでなく、考える要素もいっぱいつまった一本でした。
[PR]

by akio-511 | 2008-01-14 00:37 | 映画  

チュー☆


あけましておめでとうございます☆

本年もどうぞよろしくお願いします。

c0061033_8161256.jpg













今年の抱負というか、こんなことをやるぞ!

というのを羅列してみたいと思います。



■ 映画

社会人になってから本数が減りました。

今年は去年よりもたくさん見たいです。

2008年の記念すべき一本目は

「アドレナリン」

タイトル通り、見るだけでアドレナリン出まくりの

超ハイテンション・ムービーでした。

気だるい正月にガツンときました。

新作も気になりますが、今年は、古き良き映画もたくさん見たいです。

スタンリー・キューブリックとか、黒沢明とか。



■ 韓国語

ハングル検定3級合格を目指します。

まったく勉強してませんが・・・

これからヨルシミ頑張ります。

そして久し振りに韓国にカゴシッポヨ!

夏休みあたりにでも。



■ 東欧

東ヨーロッパに進出します。

未知な感じが興味をそそります。

西側よりも物価が安いみたいだし。

チェコとか、ハンガリーとか、ポーランドとか

バルカン半島とか。



■ ゴルフ

スコアを上げたいです。

目標は、今年中に110!

週一くらいで打ちっぱなしに行きます。



■ 料理

レパートリーを増やします。

昨日は初めてドリアを作りました。

意外と簡単でまいうーでした。



■ 農業

プチ菜園を始めます。

まずはプチトマトあたりから。

目標は10年以内に食糧自給率50%!



お金と時間は尽きても、やりたいことは尽きませんなぁ・・・

2008年が皆様にとって素晴らしき一年となりますように☆
[PR]

by akio-511 | 2008-01-09 08:28