<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

美々っ!!


イースター島へ行ってきました。

c0061033_14401920.jpg















うそです。

香川県の直島に行ってきました。

岡山県の宇野港からフェリーで15分ほど。

人口4000人くらいの小さな島です。

一番の目的は安藤忠雄氏設計の地中美術館へ行くこと。

サークル仲間のM氏をきっかけに知って、

ずっと行きたいと思っていて、

やっと念願がかないました。

c0061033_14443453.jpg















この美術館の不思議さと素晴らしさと言ったらもう・・・

これほど五感で感じる美術館に、僕は行ったことがありません。

光、音、空間

すべてが作品の一部でした。

クロード・モネの睡蓮

ウォルター・デ・マリアの空間美術

そしてジェームズ・タレルの光トリック

どれも見る時間や天気、そしてそのときの気分によって

見え方や感じ方がかなり違うと思います。

何度行っても新しい発見がありそうです。

ぜひまた訪れてみたいです。



ほかにも家プロジェクトというのがあって、

要するに、家がまるごと美術作品なわけです。

島独特ののんびりとした町並に

作品が点在していました。

c0061033_15326100.jpg














この神社も作品。



c0061033_15194541.jpg














直島といったらこれ!

というくらいインパクトの強いカボチャくん。

海に向かって、何を思う・・・



c0061033_158913.jpg





















のんびり、ゆったり


c0061033_15102140.jpg














c0061033_15105067.jpg





















c0061033_15111028.jpg















カフェまるや

カレーおいしかった



c0061033_15153510.jpg















c0061033_15122262.jpg














民宿「おやじの海」

のんびりしたちずるさんと犬のよぽぽちゃんと猫ちゃんとおもしろいおじちゃんと

ほかのお客さんたちと、楽しいひとときが過ごせました。

ちずるさん、ありがとうございました m(_ _)m



心も体も休まる、とてもいい旅でした。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

宿が一緒だった香港人カップルが大阪へ行くというので

心斎橋まで乗せて行ってあげました。

ヒッチハイクっぽいのはこれで2回目かな?

香港の話とかニューヨークの話とかおいしいごはんの話とか聞けて

楽しいドライブでした。
[PR]

by akio-511 | 2007-09-15 15:21 |  

転職しようかな・・・


最近、僕の周囲で転職する人がちらほら。

僕もそろそろ・・・

というのは冗談です。

でも、ちょこっと考えたりもします。

最近、外国人のお客さんの対応を求められることが急に多くなりました。

ほとんどが通訳で、たまに翻訳も。

身に付けた英語を生かせて、担当外の事務も勉強できて、

それなりに楽しく、やりがいもあるのですが、

本当にこれでいいのか??と思ってしまいます。

文書の翻訳などは、それを専門としている人や行政書士が有料でやったりしているので

僕が無償で引き受けてしまってもいいのだろうか・・・。

かといって困っているお客さんの依頼を断るわけにもいかないし・・・。

葛藤です。

申請書関係の多言語化はけっこう進んできているので、

次のステップはうちで発行する証明書関係の多言語化なのかな。

でも、そこまでする必要があるのかなぁ。

うむむむ・・・



ここ数週間で改めて実感したのは、

一生懸命日本語を勉強して地域社会の一員になっている人がいる一方で

日本語を喋れない外国人がかなり多いこと。

短期滞在の出稼ぎ労働者ならまだしも

中には10年近く日本に住んでいて帰化することまで考えているのに

ほとんど日本語が喋れない人も。

生活範囲が家族、あるいは同郷のコミュニティー内に限られているのかな?

日本語じゃなくても生活していける環境なのでしょう。

でも帰化するためにはある程度の日本語力が求められるはずなので

大丈夫なのかな??と余計な心配をしてしまいます。

皆がそうだとは言わないけど、

定住志向の人のなかでも

日本社会の一員として暮らしていく、という意識が低い人が

少なからずいるとしか思えません。

「その国に生きるということは、つまり国語に生きるということだ。」

というようなことを誰かが言っていましたが、まったく同感です。

日本語を勉強する時間や学校に通うお金がない人もたくさんいるとは思いますが、

個人的には、語学は学校に通わなくても習得できると思っているので

そこはやはり意識の問題なのではないか、と。



普段思っていることを感情的に書いてしまいましたが、

そもそも問題の根元は移民を受け入れる側にあると思います。

常々思うことですが、国が具体的な移民政策を打ち出さない限り

根本的な解決はありえないでしょう。



僕は彼らが好きです。

特にブラジルやフィリピンの人たちは信仰心が強いからか、

とても親切で、礼儀正しくて、

僕は彼らと接していて嫌な思いをしたことがありません。

一緒にいて学ぶことがたくさんあります。

そして、彼らのつくるご飯がおいしいです。



いつかは共生していける社会を目指して、

そして国籍に関係なくいろんな地域のおいしいご飯をみんなで食べられる社会を目指して

できることを少しずつやっていけたらと思います。
[PR]

by akio-511 | 2007-09-08 11:54 | 日々  

おめでとう☆


c0061033_1033525.jpg






















ケン、ちえこさん、お幸せに☆
[PR]

by akio-511 | 2007-09-01 23:59 | 日々