<   2005年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

ゆく年、くる年


テレビをつけると、酉と戌のツーショット。
「酉から戌へとバトンタッチ」ということらしい。
今年は酉年だったんですね。
その年の干支が何か即答できるのって、年末年始ぐらいだよね。
かわいそうな十二支たち・・・。


皆様にとって2005年はどんな年だったのでしょうか?
僕にとっての2005年は、卒業の年であり、万博の年であり、就職の年でした。
自分の将来について、そして自分自身について、これほど考えた年はなかったのではないでしょうか。
他にもいろいろなことがありました。
素敵な出会いがありました。
悲しい出来事もありました。
毎年、この時期になると、今年は特別な年だったなぁ、と振り返りますが、今年もどうやらそのようです。
みかんでも食べながらゆっくりとこの一年を振り返ってみようかな。

そして新たな決意を胸に、2006年も突っ走って行きたいですね。


c0061033_192126.jpg








さようなら、2005年。

そして皆様、良いお年を。

May the 2006 be filled with heaps of laughter and happiness☆
[PR]

by akio-511 | 2005-12-31 00:01  

散る桜も、残る桜も

c0061033_18581330.jpg終戦60年の2005年も残りわずか。

今年、あの戦争を題材にした映画がいくつか公開されました。
ひとつ記憶にあるのは、「ローレライ」。
そして今日観たのが、「男たちの大和」。
どちらもエンターテイメント性が強いけれど、「男たちの大和」はよりリアルに訴えかけてくる映画だと思う。
まず、「大和」がリアル。
戦艦ファンにはたまらないでしょう。
戦闘シーンがリアル。
ラスト30分は、「プライベート・ライアン」の冒頭30分を彷彿させます。
そして、メッセージがリアル。
何のために死ぬのか。
何のために生きるのか。
戦争の大義云々を超えて、兵士一人一人が自身に問いかけ、観客に問いかけてきます。

「敗れて目覚める」
一人の士官が残した言葉。
その士官を演じていたのが長島一茂だったのがウケる。
でも意外にハマっていて、これまたウケる。
中村獅童は、かっこよすぎです。
でも、竹内結子をさらって行ったことはまだ許せません。
蒼井優ちゃんは、何と笑顔の魅力的な子でしょう。
素敵な女優さんになると思います。

お客さんの年齢層がさまざまなのが印象的でした。
世代によって、感じ方もさまざまなのでしょう。
映画を観終わって、近くの席のお年寄り二人が
「思い出すでいかんわ」
と涙混じりに会話していました。
映画のどのシーンよりも、その会話が心に残っています。
あのときのことを「思い出せる」人が、やがてはいなくなるんだろうな。
それでも時間は止まらずに進んでいくし、その後ろに歴史はどんどん積み重ねられていく。
終戦100年の年に、あの戦争はどんなふうに伝えられ、語られているのでしょうか。
[PR]

by akio-511 | 2005-12-26 20:11 | 映画  

12.25

c0061033_22575452.jpg
















Silent night, holy night
Silent night, holy night
Silent n~ight, ho~ly night ♪

・・・歌詞がわからん



Merry Christmas to you all.
[PR]

by akio-511 | 2005-12-25 00:00  

Indiaって、アメリカですか?



早起きをした。

クリスマスカードを書いた。

間に合わないかな。

でも新年のあいさつも書いたから、いいや。

窓の外では雪が舞っていて、いい感じ。



桜山の郵便局にて。

「エア・メールですね。
Indiaって、アメリカですか?」

「・・・いいえ、インドです。」



今日は重度障害者の自立支援施設で事務のお手伝い。

施設最長老のやまちゃんはスカート姿で館内を颯爽と駆け回る。

爺さん、かっこよすぎる。



単純な折込作業、部屋はポカポカ、気付けばうとうと。



障害者も健常者も、支えあいながら働く職場。

当たり前ではない光景が、当たり前のように展開される。

それぞれが、それぞれの役割を理解して、

緩やかな流れの中で、仕事は予定通りに片付けられていく。

心地よいリズムで時間が進む。



うとうと、うとうと。

近づく電動車椅子のモーター音。

ちょんちょん。

チーフの指が僕の肩を小突く。



穏やかな午後。


c0061033_2046331.jpg
[PR]

by akio-511 | 2005-12-19 21:07 | 日々  

夜のピクニック

c0061033_242314.jpg好きという感情には、答がない。
何が解決策なのか、誰も教えてくれないし、自分でもなかなか見つけられない。
自分の中で後生大事に抱えてうろうろするしかないのだ。
(「夜のピクニック」より)


一ヶ月程かけて、毎晩寝る前に少しずつ、自分の高校時代を思い返しながら読みました。
登場人物に自分自身が重なる読者も多いんじゃないかな。
夜間歩行という高校のひとつの行事が物語の舞台なのだけど、ミステリーのような展開で、読んでいて飽きなかった。
爽やかなラストが心地よい。

夜、歩きながら語らいましょう。
[PR]

by akio-511 | 2005-12-18 23:23 |  

一番星、めーっけ☆

c0061033_1939658.jpg
















宵の明星。
きらきら輝いていました。
というか、チカチカ、チカチカと光っていたよ。
きっと金星人が地球に向かってメッセージを発しているんだと思う。
「おい地球人、元気か?」とか。
「おい地球人、たかが1度や2度の気温上昇で騒ぎなさんな。
こっちは毎日400度だぜ。」とか。
「灼熱、フォーーーー!!」とか。

地球は、というか日本は、明日も寒そうです。
[PR]

by akio-511 | 2005-12-14 19:41 | 日々  

サプリサ、ムーチョ。

c0061033_2342183.jpgトヨタスタジアムへ行ってきました。
カズが所属するシドニーFC(豪)対デポルティボ・サプリサ(コスタリカ)。
初めて生でサッカーの試合を観戦。初生!!
かなり興奮した。
ボール占有率ではシドニーが上回っていたけど、一瞬の隙を突かれたね。
サプリサ・ボラニョスの鮮やかなシュート!
会場内の95%がシドニー(カズ)サイドという中立国での試合とは思えない異様な雰囲気の中でもサプリサは冷静でした。
シドニーにも再三好機があったんだけどねぇ。
カズも何本かシュートを放っていた。
サッカーのことはあまり詳しくないので、この試合をどう評価していいのかはわからないけど、僕的には満足。

c0061033_23424360.jpgサプリサは中南米のチームらしく、小技や大胆なプレーで楽しませてくれたし、シドニーFCも正式にプロリーグが発足してまだ一年もたっていない国のチームとは思えないくらいしっかりとしたサッカーをするチームだった。
今はまだ興奮してて、これぐらいのことしか書けない・・・。



やっぱりスポーツは生で観るのがいいね。
プレーのひとつひとつに対する喜怒哀楽を3万人のひとたちと共有するのってどうよ??
茶の間で家族と好き勝手にコメントたれるのとはスケールが違うね。

誘ってくれた友人に感謝☆

ただ、、、寒かった・・・。
[PR]

by akio-511 | 2005-12-12 23:59 | スポーツ  

スケートすいすい

寒いですね・・・
寒い季節はウィンター・スポーツで暖まろう!
ということで大須の名古屋スポーツセンターへスケートをしに行ってきました。

スケートは楽すぃねぇ☆
すいすい~

でも足が痛い・・・

c0061033_0573458.jpg






4回転ジャンプを跳ぼうとしているT田選手。
2010年冬季五輪でのメダル獲得に期待がかかります。
[PR]

by akio-511 | 2005-12-11 23:59  

내머리소의지우개

c0061033_1471863.jpg私の頭の中の消しゴム

손예진, 예뻐요. 아주 좋아~
정우성, 멋있다...

내가 좋아하는 사람과 봤어요.
그녀는 많이 우렸어요.
눈이 새빨개지었어요.
아주 재미있었어.
그러한 그녀 가 좋아.
설사 제가 Alzheimer 에 걸린다 할지라도 그녀를 안잊어버려요.



僕の頭の中にも消しゴムがあるので、話の内容は忘れました。

というのはうそです。
コテコテ・クサクサ・アマアマな韓国的純愛ムービーでした。

この映画を観て感じたのは、僕たちの日々の生活がいかに記憶に依拠しているかってこと。当たり前のことだけど。
脳ミソで必死に考えても思い出せないことって、においや風景や音楽が呼び覚ましてくれることが多い。
触覚、視角、聴覚、嗅覚、味覚・・・ あらゆる感覚が記憶を作り上げ、そして過去と現在をつないでいるんだね。
何年、何十年か後に、この映画を観たことはどんなふうに思い出されるのかな・・・。
[PR]

by akio-511 | 2005-12-07 23:59 | 映画  

Horsehead

c0061033_23102619.jpgさっき犬と散歩に行ったら、星がすごくきれいだった☆
降ってくるような星空というのはさすがに名古屋近辺ではありえないけど、近頃の寒さのために空気がものすごく澄んでいて、それで星がいつもよりも数倍きらきらしているのでしょう。
改めて気付いたけど、冬が好きな理由のひとつは星だな、うん。

ちなみにこれは僕のお気に入り馬頭星雲→
Horsehead Nebula
本当に馬の頭みたいだよね。

秋から春にかけて夜空を駆けるオリオン座。
その中央にある三ツ星の一番左辺りに馬頭星雲は位置しているそうです。
う~む・・・
やっぱり肉眼では見えないなぁ。
三ツ星の少し下にあるM42という星雲は目を凝らせば肉眼でも見えるよ!かすかに・・・。
今夜はいつもよりよく見えると思う。
[PR]

by akio-511 | 2005-12-06 23:15