<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

夏服の彼女

今夜は一段と冷えますね。

同じ中学校に一年中夏服の子がいました。
一つ下の学年の女の子。
学ランの下にセーターを着てさらにマフラーを巻いている僕の前を、その子は白い半袖のセーラー服で歩いていました。
僕が高校生になった年の冬にも時々その子を見かけました。
元気だなぁ、って感心するのと同時に、冬服を買うお金がないのかな?という余計な心配までしたものです。

寒い季節になると夏服の彼女を思い出します。
今日も半袖を着ているのかな?
[PR]

by akio-511 | 2005-11-29 21:26 | 日々  

秋深し・・・

c0061033_20573883.jpgc0061033_20575277.jpg









ホテルの上から。
このまちが最近の僕の世界です。
小さな世界・・・。

小牧山の紅葉が見ごろを迎えています。
[PR]

by akio-511 | 2005-11-25 20:39 | 日々  

プルコギ、マシッソ☆

日中はポカポカ陽気で絶好のお出かけ日和でしたね。

今日は結構ハードに動きまわりました。
午前中は毎年恒例の名古屋国際関係合同ゼミナールでゼミの後輩達の発表を聞きました。
みんながんばってるなぁ。一生懸命学ぶ姿勢が素晴らしいね。

午後からはデート(ごっこ)。
徳川美術館で源氏絵巻を鑑賞。
日本史の教科書に載っていた絵の実物なんかもあって、ちょっと感動。
源氏物語のことは、はっきり言ってあまり知らないけど、本物というのはいいものですね。
1000年も前に描かれた絵や書物が今に至るまでこうして残っていることがすごい。
これを機会に源氏物語を読んでみようかな。マンガで。

その後、小牧で映画を観ることに。
「同じ月を見ている」
窪塚の復帰第一作。
個人的には窪塚よりも山本太郎がいいと思いました。
窪塚主演作品の中では「GO」が一押しらしい。今度観てみようっと。

映画の後は夕食。
プルコギを食べるために春日井の韓国料理店「釜山」までドライブ。
うまかったぁ。プルコギ、マシッソ!チンチャマシッソ!

プルコギの後はやっぱり肝試しでしょ、ということで瀬戸の定光寺へ。
参道は、まじでこわかった・・・。
暗い境内でいきなりボンって電灯がついたときには、もう死ぬかと思ったね。
でも頂上からの夜景は素晴らしかった!
夜景をみながら、なぜかモンゴルの草原の民の民謡、ホーミーを歌ったのでありました。


今日は脈絡もなくいろんなことを話したなぁ。
男と女、他者と自分、そして人間について考えた。
自分には素直さが足りないなぁ、と改めて思ったり。
「ごはんとチョコレート」論はなかなかおもしろかった。

久し振りのキャピキャピな一日でした。
誘ってくれたEさんに感謝です。
[PR]

by akio-511 | 2005-11-24 00:06 | 日々  

続・大人って・・・

周囲の大人たちを見ながら、
将来自分はどんな大人になるのだろう?
どんな人間になりたいのだろう?
と考えたりします。
成人式が子供と大人の境界線だとすると自分はもう3年近く大人をやっているわけだけど、内面も行動もまだまだガキですから、いろんな大人像や人間像を探し求めるわけです。

昨日の朝日の朝刊にボディショップの創始者、アニータ・ロディックさんへのインタビューが掲載されていた。
今では世界中に展開するボディショップの起業時の話や、壁を緑色にした理由などは意外で面白かった。
アニータのすごいところは、環境保護、人権尊重、フェアトレード、個性の尊重などの自分の価値観をビジネスの中に組み込んでしまっているところだ。
ボディショップが53カ国、2000店舗以上の規模になった今日でも自らの経営への関わり方を変えながら従来の経営方針を維持している。
誰にでも真似のできることではないだろう。社会的貢献、モラルとビジネスの両立は大きな企業にとっては特に難しいと思う。
組織の中で自分の価値観を維持するのはたやすいことではない。
アニータのような起業者や経営側の人間といえども、それは同じことだと思う。


「老いてますます過激になる」が座右の銘らしい。

アニータ・ロディック、かっこよすぎる!
[PR]

by akio-511 | 2005-11-20 18:13 | 日々  

大人って・・・

最近、バイトや社交の場でいろいろありまして・・・

おい、大人!
もっと大人になれよ!
もっと広い心を持とうよ!

と叫びたくなります。
こうして逆ギレしている自分もちっこい人間なのではありますが・・・。
寛容な大人になりたいものです。


c0061033_142049.jpg
[PR]

by akio-511 | 2005-11-18 23:49 | 日々  

ボジョった。

週に一回通っているフランス語学校が主催するボジョレー・ヌーボー・パーテーに参加しました。
お酒は強い方ではないから会費を払って参加するのが少々もったいない気はしたけど、料理をたくさん食べたし、何より以前クラスが一緒だった懐かしい面々と再会することができたので行って良かった!

今年のボジョレーは、おいしいのではないでしょうか。
ワインの味はまったくわからないので気の利いたコメントはできません。
でも高いワインって、味が強いというか、渋いというか、クセがあるというか・・・。
とにかくワインの味は必ずしも値段に比例していないのではないか、と味覚音痴な僕は思うのです。
ボジョレーみたいな安ワインがすっきりしてて一番飲みやすいです。

それにしても、この盛り上がりようは・・・。
フランスでは
「タマゴ1パック1ユーロ。」
「リンゴ1キロ5ユーロ」
「あ、あと新ボジョレーを入荷したよ。」
ぐらいのテンションでスーパーの店頭にお知らせが出る程度なのに。
輸入業者や酒販売業者の巧みなセールス・テクですね。
バレンタイン・デーにチョコを売り出したどこかの百貨店みたいなものですね。


c0061033_2220221.jpg新米で作った新酒も「解禁!!」とか言って大々的に売り出せばいいのに。
店頭に酒林を吊るしたりして。
新酒が出た時に酒造蔵の軒先に吊るされる、あの巨大なマリモみたいなやつ。
最近のワンカップ酒ブームも手伝ってさらに日本酒の売上が伸びるでしょうに。

ちなみに、
僕はワインより日本酒が好きです。
そして日本酒より韓国焼酎のチャンミスルが好きです。
でも一番よく飲むのは養命酒です。
健康志向です。

あなたの好きなお酒は?
[PR]

by akio-511 | 2005-11-18 23:39 | 日々  

映画

映画バトン。
ピチューからのご指名です。
喜んでいただきます。

映画は好きです。社会派ドラマが好きだけど、恋愛もSFもコメディも、何でも観ます。
最近はなかなか時間がなくて一週間に一本観るか観ないかぐらいのペースです。
時間とお金があれば映画館に行ってたくさん映画を観たいんだけどね・・・。
日本の映画館って高いよね。
もっと安くならんかね。
そうすれば映画館に行くお客さんももっと増えて、日本の映画産業ももっと盛り上がって、日本映画の質ももっと向上するだろうに。
そんなに甘くはないのかな。

Q1. 好きな映画を3つあげてください。

え~、3つだけ~??

好きな洋画3つ
・フォレスト・ガンプ
・クレイマー・クレイマー
・セブン

好きな日本映画3つ
・七人の侍
・スウィング・ガールズ
・マルサの女

好きなジブリ作品3つ
・天空の城ラピュタ  シータ~
・風の谷のナウシカ  ババさま~
・紅の豚  飛ばねぇ豚はただの豚だ・・・

Q2. 最近観た映画は?(ビデオ、DVDでも可)

DVD: ロングエンゲージメント
映画館: スクラップ・ヘブン (→ちょっとハードコアでクセがあるけど、一押しよ!)

Q3. 一番泣ける映画は?

ライフ・伊豆・ビューティフル
あ、間違えた。
ライフ・イズ・ビューティフル。

あとね、マーズ・アタック!!

「我々は味方だ」とか言いながら地球人に向かってレーザー銃乱発だからね。
でらうける。涙がとまらん。

Q4. 一番恐かった映画 は?

マーズ・アタック!!

「我々は味方だ」とか言いながら地球人に向かってレーザー銃乱発だからね。
でらこわい。

Q5. 期待を裏切られた映画は?

エグゼクティブ・デシジョン

スティーブン・セガールが出てるから観たのに、始まって15分くらいで死んでしまった!

Q6. 洋画派?邦画派?

以前は断然洋画派だった。今はどっちも観る。邦画の良さがだんだんわかってきた。

Q7. 好きな男優は?

トム・ハンクス
ロバート・デニーロ
デンゼル・ワシントン
ブルース・ウィリス
ブルース・リー
榎本明

Q8. 好きな女優は?

ウィノナ・ライダー
メグ・ライアン
ソフィー・マルソー
イ・ヨンエ
チャン・ツィイー
黒木ひとみ
風吹じゅん

Q9. ラスト。あなたにとって映画とは?

人生のサプリメント。

Q10. お疲れ様でした。次に回す人を5人指名どうぞ。

映画について語りたい人、どうぞ!
[PR]

by akio-511 | 2005-11-17 00:49 | 映画  

戦略

美濃加茂で多文化共生ワークショップなるものに参加してきた。
パネルディスカッションを傍聴した、と言う方が正確かも。

こういうお勉強的な場に参加するのはかなり久し振り。
最近あまり使っていなかった脳ミソに強烈な一撃を食らったような気がする。
中でも「戦略を持て」という言葉は強烈に響いた。
移民の増加に伴ってさまざまな問題が起きているけれど、その原因を辿っていくと政府が確固たる移民政策(=戦略)を持っていないことに行き着く。
広い意味での「戦略」の欠如は外国人支援をしているNPOや一部の外国人に対しても言えると思う。

もっと広く考えると、
豊かな人生を送るのにも、やはりそれなりの戦略が必要だと思う。
自分はどうだろうか?
ちゃんと戦略を持って日々を生きているだろうか?
僕自身はそう努めているつもりだけど・・・。
少なくとも目的は持っているつもり。
問題なのは計画や構想が膨らむだけで、それに行動が伴っていないこと。
要するに、ただ妄想しているだけなのかな?
いや、動き出すべき時が来るまで、ゆっくり時間をかけて構想を温めているのだ。
今は動き出すタイミングではない。
そういうことにしておこう。
[PR]

by akio-511 | 2005-11-14 00:28 | ニュース  

Un Long Dimanche de Fiançaille

c0061033_23164153.jpg
ロングエンゲージメント。
「アメリ」のジャン・ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トゥトゥが再びコンビを組んだ作品。
「アメリ」とは一味違って、1910~1920年代のセピア色の時代が重苦しくも美しく描かれています。
戦争と純愛という二つのテーマにミステリーという一本の軸が通っていて、主人公のマチルドと一緒に謎解きをしていく感じ。
ジュネは相変わらず細かいところまで凝ってます。映像がとにかく美しいです。
話は少々分かりづらくても、映像美だけで十分満足できます。

ジョディ・フォスターが出演していたのにはびっくりしました。
しかも端役で。存在感はあったけど。
彼女のフランス語がものすごく流暢でこれまたびっくり。
悪い配役ではないけど、何故ジョディなのでしょう?
とても気になります。
[PR]

by akio-511 | 2005-11-12 23:33 | 映画  

二つの事件

バイト先のホテルが経営するコインランドリー&ゲーセンに強盗が入った。
犯人は両替機を破壊して現金を奪って行った。幸い事件が起きたときはお客さんがいなくて、犯行現場と逃走する犯人を目撃したN君も無事で、けが人は一人も出なかった。

一方、ヨルダンの首都アンマンではホテル3軒が同時に爆破された。
最も被害が大きかったホテルでは結婚式の最中に、式場内で爆発が起きたらしい。
この世の中で一番希望と幸福に満ちた空間が、一瞬にして絶望と血の海に・・・


アンマンの高級ホテルと小牧の安ホテルで同じ日に起きた2つの事件は、比較もできないほど規模が違う。
愛知県の田舎町で爆弾テロが起きる可能性はゼロに近い。
でも100%ゼロと言い切ってしまえるものでもない。
今日、自分がこうして無事に生きていることに感謝しないと。
ちょっと大げさかな・・・。

それにしても、憎しみの連鎖はいつになったら終わるのだろうか。
はぁ・・・
[PR]

by akio-511 | 2005-11-11 01:33 | 日々